東南アジアでUberが使えなくなるのかもしれません

 

 

出典は

国際ニュース・カウントダウン とか
儚くも永久のカナシ とかより!

 

 

 

 

 

僕も以前文化的で洗練された
フィリピンはセブ島英語留学にて
Uberを使ったことがありまして

 

 

 

やって来たUberタクシーは真っ赤なマーチみたいな可愛い車でした。

 

支払いは済んでるよね、とドキドキしながら空港で下ろしてもらいますが、何も請求されなかったのでそのへんはしっかりやってるようです。

呼んだらすぐ来るし事前にお値段わかるし現金要らないし、まだ一回しか使っていないですけど、何だかとってもスマートな感じでしたよ。

 

 

 

 

鬱陶しい値段交渉も要らないし
現金も要らなくって

なんだかとってもスマートだったので
世界を巡る旅の過程では

可能な限り有効に活用しようと
わたくし考えておりましたのに
飛び込んできたのはこの知らせ

 

 

まじかよ?!
ってニュースを見てみたら

 

前から同業他社の
Grabに売却っつーことで
話が進んでいたみたいですね

 

 

 

今回サービス停止になったのは

タイ
インドネシア
マレーシア
ベトナム
ミャンマー
カンボジア

の6カ国だそうです

 

 

フィリピンとシンガポールは

そのUberのGrabへの身売りによって
タクシー配車サービスが
実質Grab一択になっちゃって

 

独占禁止的な法律に
ひっかかるんじゃねーか?

 

なんて身売りにストップがかかり
サービスは継続中だそうです

 

法律にひっかかって
サービス停止できず
結果サービス継続って
なんだか不思議な感じですね

 

 

 

まあ、Uberが売却・撤退しても

別の会社でおんなじようなサービスが
利用できるのであれば我々としては
特に不満はないのですが

 

司法の差し止めに
絶望食らって突っ立ってたって
呆れるくらいの熱情でしがみついて

タクシー配車サービスには
踏ん張っていただきたいところですね

 

 

 

以上、時間はいつだって最初まで巻き戻す! タクシー配車サービスは UberじゃなくてGrabなのか? でした






それUverWorld って思いましたならば
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑クリックしてからライ麦畑でつかまえ   ない




コメント 2 件

一文字(いちもんじ)掲示板


※丁度よいのがなかったらこっそりリクエストくだされ

ついでに画像もあげちゃう